劇列車 公演・イベント情報

1月18日(金) 朝倉市立安川保育所−巡回公演
 こころの中に種をまく。すてきな本だって、絵だって、音楽だって演劇だって、みんなおんなじ。
 演劇のいいところは、人間どうしが結びついて創ること。最後は、観ているこどもたちと一緒になってできあがること。
 終わったら夢だったように消えてしまうけど、一緒になって創ったから、心の中に植えられた一粒の種も、みんなで植えたもの。
 私たちは、そんな劇を創りたい。そう願っています。

 日にち≫2019(H31)年1月18日(金)
 対 象≫安川保育所のみなさま
       (福岡県朝倉市)

 安川保育所のみなさんと、人形劇を楽しむひとときです。
1月25日(金) 朝倉市立秋月保育所−巡回公演
 こころの中に種をまく。すてきな本だって、絵だって、音楽だって演劇だって、みんなおんなじ。
 演劇のいいところは、人間どうしが結びついて創ること。最後は、観ているこどもたちと一緒になってできあがること。
 終わったら夢だったように消えてしまうけど、一緒になって創ったから、心の中に植えられた一粒の種も、みんなで植えたもの。
 私たちは、そんな劇を創りたい。そう願っています。

 日にち≫2019(H31)年1月25日(金)
 対 象≫秋月保育所のみなさま
       (福岡県朝倉市)

 秋月保育所のみなさんと、人形劇を楽しむひとときです。
2月10日(日) 第20回定期公演「異本・猫の事務所」


 宮沢賢治の童話「猫の事務所」は、猫社会の猫模様をつうじて、人間社会の人間模様を描いた作品です。いじめやパワハラが蔓延する社会。子どもの世界も大変だし、大人の世界もほんとうに大変。「猫の事務所」は、そんな社会の断面を鋭く容赦なく描いた作品なんです。そして物語の結末で、私たちを「考えること」に導いてく れます。そして賢治は「どんな解決がいいの?」と、私たちに問いかけます。そんな賢治童話をとりあげた、今回の人形演劇。試行錯誤しながら創った私たちの「猫の事務所」が、皆様の心に届いて魂をそっとゆさぶることができたら、こんなにうれしいことはありません。
(脚本・演出担当 かまほりしげる)

 日にち≫2019(H31)年2月10日(日)13:00〜/16:00〜
 会 場≫石橋文化センター石橋文化会館・小ホール 福岡県久留米市野中町1015
 料 金≫子ども(中学生以下)400円、ファミリー大人600円、
     一般大人1,000円、大人ペア1,600円、高校生500円、3歳以下無料

チケットのお申し込みはこちらから。


ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。お問合せはこちらまで。
これより以下の公演は終了しています。

これより以下の公演は終了しています。資料保存としての公開記事になります。
11月3日(土・祝)〜4日(日) 親子であそぶ人形劇がっこう2018
※画像をクリックすると、大きくなります〔別窓〕


 日にち≫
     〔1日目〕 2018(H30)年11月3日(土・祝)
     〔2日目〕 2018(H30)年11月4日(日)
       ※ 必ず2日つづけてご参加ください。
 時 間≫13:00〜16:30(終了予定)
 会 場≫石橋文化センター共同ホール・1F研修室〔福岡県久留米市野中町959
 対 象≫小学生とその保護者(親子でご参加ください)
 定 員≫こども25名とその保護者(先着順)
        ※お子様と一緒に工作・人形劇を体験される保護者の方は、1名に限らせていただきます。
          それを超えて参加される保護者の方は、見学でお願いいたします。

 参加費≫こども400円/保護者600円
     ※参加費は、当日受付にてお支払いをお願いいたします。
        見学のみの保護者・小学生未満の見学されるお子様は無料です。


 お問合せはこちらまで。お気軽にどうぞ!

- Topics Board -