劇列車 公演・イベント情報

2月15日(土)〜16日(日) P新人賞2019最終選考上演会「猫の事務所」


――― P新人賞とは
 P新人賞の「P」とは、人形劇(PUPPET)のP、オブジェ+身体によるパフォーマンス(PERFORMANCE)の「P」です。人形劇ジャンルの明日を担う斬新な才能を発掘するために開催され、今年で9回目を迎えます。(チラシ掲載文より引用)

このP新人賞2019最終選考上演団体に、劇列車が選ばれました!

 日にち≫2020年2月15日(土)18:30〜/2月16日(日)13:00〜
 会 場≫損保ジャパン日本興亜 人形劇場ひまわりホール 〔愛知県名古屋市中区丸の内3-22-21〕

P新人賞2019の詳細はこちらから

劇列車へのお問合せはこちらまで
2月23日(日) 第21回定期公演「ちょうふく山のやまんば」


――― 人間の願いがいっぱいに詰まったちょうふく山のやまんば
 ちょうふく山のやまんばは、とっても珍しい民話です。やまんばは怖い存在なのが通り相場。ですが、こ の民話のやまんばは、村の人たちに素敵な贈り物をくれる存在なのです。これは全国に広がる「やまんば民 話」のなかでも、たった一つ。ほんとうに珍しい民話です。そんなちょうふく山のやまんばは、秋田の地で ひっそりと語り継がれていました。しかし、その魅力に気づいた人が現れました。そんな一人が松谷みよ子 さん。彼女はこの民話を「やまんばのにしき」というタイトルで再話して、その魅力を世に問いました。
 ちょうふく山のやまんばの魅力とは、人間の愚かさも人間のすばらしさも、物語に満載されているところ にあると思うのです。そこから、語り継いだ人たちの願いも透けてみえるのです。
 そんなこんなを、人形劇で精一杯表現してみたい。小さなこどもたちでも楽しめる作品にしてみたい。そ う思ってがんばってきました。
(脚本・演出担当 かまほりしげる)

 日にち≫2020年2月23日(日)13:00〜/16:00〜
 会 場≫石橋文化センター石橋文化会館・小ホール 福岡県久留米市野中町1015
 料 金≫子ども(中学生以下)500円、ファミリー大人800円、
     一般大人1,200円、大人ペア1,800円、高校生700円、3歳以下無料

チケットのお申し込みはこちらから。


ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。お問合せはこちらまで。
これより以下の公演は終了しています。

これより以下の公演は終了しています。資料保存としての公開記事になります。
12月25日(水) 弓削校区まちづくり振興会−巡回公演
 こころの中に種をまく。すてきな本だって、絵だって、音楽だって演劇だって、みんなおんなじ。
 演劇のいいところは、人間どうしが結びついて創ること。最後は、観ているこどもたちと一緒になってできあがること。
 終わったら夢だったように消えてしまうけど、一緒になって創ったから、心の中に植えられた一粒の種も、みんなで植えたもの。
 私たちは、そんな劇を創りたい。そう願っています。

 日にち≫2019(R1)年12月25日(水)
 対 象≫弓削校区コミュニティセンターにお越しの
       みなさま(福岡県久留米市)

 弓削校区コミュニティセンターにお越しのみなさんと、人形劇を楽しむひとときです。
12月15日(日) 俗明院子ども会−巡回公演
 こころの中に種をまく。すてきな本だって、絵だって、音楽だって演劇だって、みんなおんなじ。
 演劇のいいところは、人間どうしが結びついて創ること。最後は、観ているこどもたちと一緒になってできあがること。
 終わったら夢だったように消えてしまうけど、一緒になって創ったから、心の中に植えられた一粒の種も、みんなで植えたもの。
 私たちは、そんな劇を創りたい。そう願っています。

 日にち≫2019(R1)年12月15日(日)
 対 象≫俗明院子ども会のみなさま
       (福岡県筑紫野市)

 俗明院子ども会のみなさんと、人形劇を楽しむひとときです。

- Topics Board -