劇列車 公演・イベント情報

3月27日(月) 第10回 頓田の森ぴーすきゃんどるナイト
第10回 頓田の森ぴーすきゃんどるナイトチラシ  1945(S20)年3月27日、大刀洗空襲の日。
立石国民学校の児童31名が、1発の爆弾で命を落としました。
これが「頓田の森事件」です。
 「頓田の森ぴーすきゃんどるナイト」とは、ふるさとの悲劇に想いをはせ、平和のために、悲劇が起きた日に森につどう、鎮魂と継承の市民のつどいです。
 どなたでも参加できます!あなたも一緒に、記憶をつなぎ未来を考える祈りの場所に集まりませんか?

 日にち≫2017(H29)年3月27日(月)
 会 場≫
   第1部 立石コミュニティセンター 〔朝倉市頓田205-1
   第2部 頓田の森平和花園 〔朝倉市頓田
 参加費≫無料。どなたでも参加できます。
 内 容≫
  【第1部】
ライトアップされたシイの木    参加者みんなで、頓田の森事件に思いを馳せるひととき
    《出演者》(五十音順、敬称略)
      ・遺族会代表紹介
      ・板部伊都子(頓田の森事件の証言/お話)
      ・田中智恵子(朗読)
      ・菜の花合唱団のみなさん
      ・夜須遼原太鼓のみなさん
  【第2部】
   事件があった森でキャンドルを灯し、黙とうするひととき
    《出演者》(五十音順、敬称略)
       ・板部伊都子(爆死児童名の呼名)
       ・中野公子(献奏)
       ・中原佐奈(サックス献奏)
    〔 キャンドル点灯〜黙とう 〕
写真はライトアップされた頓田の森のシイの木
 主 催≫舞台アート工房・劇列車と市民の会
〔劇列車と市民の会は、頓田の森ぴーすきゃんどるナイトを企画・開催するために集まった、劇団と市民のグループです。〕
お問合せはこちらから。
3月19日(日) 朝倉市国際子ども芸術フェスティバル


「九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場」第16回朝倉市国際子ども芸術フェスティバルへの出演が決定しました!劇列車は、次の日程で上演します。

 日 時≫2017(H29)年3月19日(日)13:00〜
 会 場≫らくゆう館 研修室 福岡県朝倉市杷木池田483-1
 料 金≫2日間・観放題バッジ
       乳幼児(0〜2才)…無料/こども(3〜18才未満)…500円/おとな2,000円
       1作品のみ鑑賞…1,000円

フェスティバルの詳細はこちら

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。劇列車へのお問合せはこちらから。
2月26日(日) 第18回定期公演「むかしむかしのお化けばなし」


人間って、きっと素晴らしくなれるはず

――― 人間って、今よりもっとマシな存在になれるんだ。
 そんな願いを込めて、久留米で13年の間、私たちは愚直に児童演 劇を創り続けてきました。醜かったり身勝手だったり、傲慢だったり する人間。けれども、もっと素晴らしくなれるはず。そんな希望をは ぐくむ作品を創って、子どもたちに見せたい。そう思って、毎日頑張 ってきました。
 さて、オムニバス新作人形劇「むかしむかしのお化けばなし」は、 楽しい短編人形劇二本立てです。人形劇の魅力や不思議さがいっぱい。 けれども作品の底には、やっぱり私たちの願いが脈々と流れています。
 親子で楽しんでいただけたら、と思います。私たちの劇が、親子の 幸せなひとときのお手伝いになれば、こんなにうれしいことはありま せん。
(脚本・演出担当 かまほりしげる)

 日にち≫2017(H29)年2月26日(日)13:30〜
 会 場≫石橋文化センター石橋文化会館・小ホール 福岡県久留米市野中町1015
 料 金≫子ども(中学生以下)400円、ファミリー大人600円、
     一般大人1,000円、大人ペア1,600円、高校生500円、3歳以下無料

定員に達したため、チケット販売を終了いたしました。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。お問合せはこちらまで。
12月16日(金) 子育て支援講座「子育てカレッジ」−巡回公演
 こころの中に種をまく。すてきな本だって、絵だって、音楽だって演劇だって、みんなおんなじ。
 演劇のいいところは、人間どうしが結びついて創ること。最後は、観ているこどもたちと一緒になってできあがること。
 終わったら夢だったように消えてしまうけど、一緒になって創ったから、心の中に植えられた一粒の種も、みんなで植えたもの。
 私たちは、そんな劇を創りたい。そう願っています。

 日にち≫2016(H28)年12月16日(金)
 対 象≫子育てカレッジにお申し込みのみなさま
       (福岡県久留米市)

 子育てカレッジにお越しのみなさんと、こんな人形演劇を楽しむひとときです。
11月24日(木) 筑紫野市立山家小学校−巡回公演
 こころの中に種をまく。すてきな本だって、絵だって、音楽だって演劇だって、みんなおんなじ。
 演劇のいいところは、人間どうしが結びついて創ること。最後は、観ているこどもたちと一緒になってできあがること。
 終わったら夢だったように消えてしまうけど、一緒になって創ったから、心の中に植えられた一粒の種も、みんなで植えたもの。
 私たちは、そんな劇を創りたい。そう願っています。

 日にち≫2016(H28)年11月24日(木)
 対 象≫山家小学校のみなさん(福岡県筑紫野市)

 山家小学校のみなさんと、こんな人形演劇を楽しむひとときです。

- Topics Board -