劇列車 公演・イベント情報

5月3日(火・祝) 山猫亭ちいさな人形劇場

 劇列車が朝倉市の秋月にちっちゃなアトリエを開設して3年。いままでに演劇をつうじて、久留米の子どもや親子のみなさんと、たくさん出会ってきました。
 けれども、朝倉のみなさんとはまだまだ。アトリエ開設3年がたって、これから朝倉のみなさんといっぱい出会いたい。そう思っています。
 そこで、出会いのためのちいさな試みとして、人形演劇「ゆきとかんたとももん爺」無料ご招待企画をつくってみました。みなさんのお越しをお待ちしています!お気軽にお申し込みください。

 日にち≫2016(H28)年5月3日(火・祝)14:00〜
 会 場≫アジア民芸店・ろまんの道 福岡県朝倉市秋月283
 対 象≫あさくらの子ども・親子無料ご招待
       (先着25名まで。事前申込が必要です。)
 演 目≫人形劇「ゆきとかんたとももん爺」

お問合せはこちらまで。お気軽にどうぞ!
3月28日(月) 第9回 頓田の森ぴーすきゃんどるナイト
第9回 頓田の森ぴーすきゃんどるナイトチラシ  1945(S20)年3月27日、大刀洗空襲の日。
立石国民学校の児童31名が、1発の爆弾で命を落としました。
これが「頓田の森事件」です。
 「頓田の森ぴーすきゃんどるナイト」とは、ふるさとの悲劇に想いをはせ、平和のために、悲劇が起きた日に森につどう、鎮魂と継承の市民のつどいです。
 どなたでも参加できます!あなたも一緒に、記憶をつなぎ未来を考える祈りの場所に集まりませんか?

 日にち≫2016(H28)年3月28日(月)
 会 場≫
   第1部 立石コミュニティセンター 〔朝倉市頓田205-1
   第2部 頓田の森平和花園 〔朝倉市頓田
 参加費≫無料。どなたでも参加できます。
 内 容≫
  【第1部】
ライトアップされたシイの木    参加者みんなで、頓田の森事件に思いを馳せるひととき
    《出演者》(五十音順、敬称略)
      ・遺族会あいさつ
      ・田中智恵子(朗読)・林ゆうゆう(オカリナ伴奏)
      ・菜の花合唱団のみなさん
      ・夜須遼原太鼓のみなさん
  【第2部】
   事件があった森でキャンドルを灯し、黙とうするひととき
    《出演者》(五十音順、敬称略)
       ・板部伊都子(爆死児童名の呼名)
       ・中野公子(献奏)
       ・中原佐奈(サックス献奏)
    〔 キャンドル点灯〜黙とう 〕
 主 催≫舞台アート工房・劇列車と市民の会
〔劇列車と市民の会は、頓田の森ぴーすきゃんどるナイトを企画・開催するために集まった、劇団と市民のグループです。〕
写真はライトアップされた頓田の森のシイの木
お問合せはこちらまで。お気軽にどうぞ!
12月11日(金)〜13日(日) 人形演劇「みなしごサキと子天狗こたろう」

ともだちいれば こわくない。

 むかしばなし、それは心のふるさと、心のかたち。
 今回の演目は、「みなしごサキと子天狗こたろう」。福岡民話「阿弥陀ヶ峰の怪」を題材に、オリジナルの人形演劇を創りました。
 みなしごのサキと、未熟な天狗こたろうが、勇気を出して人喰い龍に立ち向かうおはなし。

 詳細はこちらの特設ページをご覧下さい。


11月22日(日) もみじまつり

 秋の秋月で、民話人形劇を楽しみませんか?
紅葉舞う秋月での観光を楽しんだ後は、ぜひ、「人形演劇公演」へお立ち寄りください!

 日にち≫2015(H27)年11月22日(日)
 会 場≫アジア民芸店・ろまんの道福岡県朝倉市秋月283



お誘い合わせの上、どうぞお越しください♪

お問合せはこちらまで。お気軽にどうぞ!

10月11日(日) 人形劇であそぼ!
※画像をクリックすると、大きくなります〔別窓〕


 日にち≫2015(H27)年10月11日(日)
 時 間≫13:30〜16:30(終了予定)
 参加費≫・子ども…(製作体験+観劇体験)500円
       ・大人〔Aコース〕…(製作体験+観劇体験)800円
       ・大人〔Bコース〕…(観劇体験のみ)500円
 会 場≫秋月コミュニティセンター・講堂福岡県朝倉市秋月669
 対 象≫小学生とその保護者
 定 員≫30名(先着順)とその保護者
プログラム内容≫
●こども ●大人〔Aコース〕
★こどもと同じことを体験します。
●大人〔Bコース〕
★こどもと人形劇観劇を体験します。
・人形をつくってみよう
 「キラキラつばめづくりコース」
 「ブラブラどうぶつづくりコース」
・人形劇をみよう
 「ゆきとかんたとももん爺」
 *子どもも大人も楽しめる民話人形劇
・つくった人形であそぼう
・人形をつくってみよう
 「キラキラつばめづくりコース」
 「ブラブラどうぶつづくりコース」
・人形劇をみよう
 「ゆきとかんたとももん爺」
 *子どもも大人も楽しめる民話人形劇
・つくった人形であそぼう
・人形劇をみよう
 「ゆきとかんたとももん爺」
 *子どもも大人も楽しめる民話人形劇



保護者のみなさまへ 〜 たっぷりとした表現遊びで、こどもに生き生きとした時間を!

 「人形劇であそぼ!」は、こどもが文化で遊べる文化体験の場です。人形づくりと、自分でつくった人形をつかった人形遊び、人形演劇の鑑賞を体験できます。だれでも参加できる人形劇遊びです。
 講師は、子どもを対象とした巡回演劇公演に実績のある特定非営利活動法人舞台アート工房・劇列車と、子どもの工作体験に定評のある高木敬二氏。自然がいっぱいの秋月で、人形づくりと人形劇体験を楽しみませんか?「子どもゆめ基金」の助成を受けた企画ですから、きわめて低額負担で参加が可能です。
 ※ 募集定員に達し次第、締め切らせて頂きます。


後援:朝倉市教育委員会、久留米市教育委員会、筑前町教育委員会、小郡市教育委員会、
    西日本新聞社、朝日新聞社、読売新聞西部本社、毎日新聞社


 お問合せはこちらまで。お気軽にどうぞ!

- Topics Board -