劇列車の作品紹介

でんでら山のふしぎ

しあわせとやさしさを問う不思議なファンタジー
猟師の源太は、猟が大嫌い。もう十年も猟をしておらん。
村人たちは、そんな源太を「でくのぼう源太」と呼んどった。けれども、猟をしないのには訳があったんだ。
そんな源太の前に、赤鬼豆太が突然あらわれて、不思議な騒動がもちあがる。民話から生まれたファンタジー。

でんでら山のふしぎ舞台写真1  でんでら山のふしぎ舞台写真2  でんでら山のふしぎ舞台写真3  でんでら山のふしぎ舞台写真4  でんでら山のふしぎ舞台写真5
アンケート(抜粋)
・とても楽しかった(≧∀≦)おねえさんの2人もおじさんのおしばいも上手でかんどうしました(≧∀0)私が一番
 好きだったのは、『まめた』です。かわいかったし、おもしろいし、小さいし、私は、一番好きでした。又みてみたい
 と思いました。私は、もう、あと40日ぐらいで、小学校を卒業だから、小学校にもよければ、きてほしいと思いま
 した。(こども)
・何なのだろう。何かふしぎな余韻を感じました。源太のやさしさ、鬼たちのやさしさなのかもしれない。人間と
 人形のふしぎな空間、この劇団の方々の個性というか独特の世界を作り上げられているのだなと思いました。
 (大人)
・おにがおもしろかったです。またみにきます。(こども)
・とってもほっこりして、あったかい気持ちになりました。(大人)
・人形の“表情”が場面場面で変化し、キャラクターと共にダイナミックな芝居としてすばらしかった。特に、“くら”
 には展開の面白さがよく出ていて、ドラマ性が明確となり幼い子たちを引つけていました。(大人)
・がいこつがかわいかったです。人形がしゃべっているようにみえました。私も、人形の気持ちといっしょのように
 えんぎをしてみたいです。(こども)
・1時間があっという間でした。手作りのあたたかさがとても良かったです。(大人)
・オニが出てきて楽しかったです。(こども)
・フエの音や音楽が良かったです。(こども)
・ファンタジックな世界にひきこまれました。人形が生きているようで、すばらしかったです。(大人)
・すばらしかったー!!最後にすがすがしい気持ちになりました。(大人)
・人形を使っての劇、はじめてみました。こんな人形劇見たことありませんでした。素晴らしかったです。(大人)
・とても楽しかったです。なんだかとてもなつかしく、ほっこりした気分!また観たい!(大人)
・ありがとうございました。なみだが出ました。(大人)