劇列車の作品紹介

みなしごサキと子天狗こたろう

ともだちいれば、こわくない! 勇気を失わないサキと やんちゃな小太郎の物語
 福岡県筑前町の民話「阿弥陀ヶ峰の怪」に着想を得て、この作品を創りました。
 みなしごのサキと子天狗のこたろうが、力をあわせて悪い龍をやっつける物語です。
 人形たちがダイナミックに動きまわる、そんな舞台が繰り広げられます。

みなしごサキと子天狗こたろう舞台写真1  みなしごサキと子天狗こたろう舞台写真2  みなしごサキと子天狗こたろう舞台写真3  みなしごサキと子天狗こたろう舞台写真4  みなしごサキと子天狗こたろう舞台写真5
アンケート(抜粋)
・とても感動しました。サキちゃんと、子天狗くんとお地蔵さんの勇気を助けに悪に立ち向かう心…とても励まされ
 ました。初めての観劇でしたが、娘たちも孫たちも楽しんで見れました。ありがとうございました。(大人)
・たのしくて おじぞうさんがうごいたから びっくりしました。(こども)
・こたろうやサキの気持ちをどのように思ったか、子どもたちと話したいと思います。臆病なこたろうに理解を示し、
 サキの勇気を称えあえたらいいなと思います。わかりやすいお話をありがとうございました。すばらしい演技でし
 た!!(大人)
・3人で7つの役をスムーズに廻してすごいですね。人形もリアルですごく楽しめました。これからも楽しい劇を
 たのしみにしています。(大人)
・おもしろかったです。もういちど、みたいです。(こども)
・方言のセリフで、身近な言葉に聞こえて聞きやすかった。(大人)
・ほのぼのとしていて、とってもわかりやすく、子どもたちがくいいるように観ていました。とても良かったです。
 (大人)
・おじぞうさんが りゅうじんさまをたおしたので びっくりしました。たのしかったです。(こども)
・たった3人なのにパワフルな舞台でした。ほのぼのと心があたたかくなりました。(大人)
・りゅうがでて、こわがってて、おもしろかったです。たのしかったです。(こども)
・娘と天狗が力を合わせてがんばる姿がとても良く、はげまされました。子どもたちもすごく笑い、くぎづけになり、
 楽しかったです。(大人)
・いつのまにか、人形の心のうごきを見ていました。楽しかったです。(大人)
・こたろうが上手に術を使えないところがおもしろかった。(こども)
・人形と演技者のみなさんが一体となられ、人形が生き物のように感じてきます。あのサキの強さはどこから生ま
 れてくるのでしょうか。小太郎とのからみも息があって良かったです。(大人)

上演のために

■ 上演時間:約55分
■ 準備:3時間〜3時間半   ■ 片づけ:1時間半(準備片づけとも、会場条件で30分程度の差がでます)
■ 舞台:幅5m以上・舞台奥行き6m以上が必要です。
■ 会場:公民館などの会議室・学校体育館などでの上演可。
■ 上演適正規模:子どもで250人以内。人数が多い場合は分割して2ステージ以上をお薦めします。

上演検討のために

■ 子どもから大人まで楽しめます。但し未就学児の場合、4歳以上をお薦めします。