劇列車 Profile

〔メンバープロフィール〕

かまほりしげる かまほり しげる
  高校演劇を長年指導。演劇を通じた青少年教育の実践を重ねる。
  2003年、「劇列車」を創立。(当時の名称は「演劇工作室☆劇列車」)劇団代表。
  今日に至るまで、すべての劇団オリジナル脚本を手掛け、劇列車独自の世界観を創り上げる。
  どんなこどもにも希望のある未来を願いながら創り上げられた脚本は、
  ストレートプレイ・仮面劇・人形劇…とジャンルを問わずに進化し続けている。
  主に脚本・演出・仮面製作・人形操演を担当。
  【主な経歴】
    ・高校演劇部を指導し全国大会へ出場(2001年)
    ・演劇教育実践記録コンクールに準入選(2003年)
    ・日本演劇教育連盟月刊誌「演劇と教育」に脚本掲載 (2015年)
    ・久留米連合文化会会員
こがのりこ     ・久留米市民劇団ほとめき倶楽部講師

こが のりこ
  小学生時代に演劇に関心を持ち、高校演劇へ。「劇列車」創立にたずさわる。
  中学時代から始めたヒップホップダンスの経験をベースに、
  大学にてパフォーマンスアーツを4年間専攻。
  大学在学中は創作舞踊部に所属。
  劇列車では、身体パフォーマンスを活かした表現を創り出している。
  主に制作・人形衣装・仮面俳優を担当。
  【主な経歴】
    ・文学・演劇海外研修(2005年・ロンドン)

やながなおこ やなが なおこ
  中学時代に久留米の小劇場系劇団に所属。
  児童演劇に関心を持ち、劇列車のメンバーとなる。
  児童演劇と子どもの発達に深く興味をもつようになり、2012年、短期大学へ入学。(社会人枠)
  児童文化を中心に幼児教育を学ぶ。
  主に制作・人形製作・人形操演・音響デザインを担当。
  【主な経歴】
    ・公共ホール舞台スタッフ講座2年コース受講(2007〜2009年)



〔劇列車とは〕

文化で遊ぶことは子どもの権利です。
「文化はこころの食べ物。だからどんな子どもにも劇を!文化を!」
そんな願いをもって、劇列車は2003年に福岡県久留米市で生まれました。
現在、3名の実演者を支援会員25名が支えています。
久留米朝倉エリアを中心に、福岡市から大牟田市まで、これまでに150回の巡回公演をおこなってきました。
子どもの文化体験ワークショップも開催しています。
地域に生まれた本格的な非職業児童演劇集団です。

〔劇列車の沿革〕

2015(H27)年 「朝倉市国際子ども芸術フェスティバル朝倉っ子ぐる〜っと公演」へエントリー。松末小学校にて公演。
2014(H26)年 秋月の地域資源と劇列車の人形劇作品を組み合わせたイベントを企画・開催。以降、毎年開催する。
2013(H25)年 福岡県朝倉市秋月へ固定稽古場拠点を移す。
『ゆきとかんたとももん爺』で本格的な仮面人形演劇へと取り組む。
子どもゆめ基金の助成を受け、子どものための演劇・人形劇体験ワークショップを企画・開催。以降、毎年開催する。
2012(H24)年 「とやま世界こども舞台芸術祭2012」へ公式招待を受け出演。
「子どもフェスティバルちくしの」へ出演。以降、3年連続出演する。
『へっぴりよめさま』で初めて人形演劇に取り組む。
2011(H23)年 小学校や学童保育所・地域文化祭など各地で上演。人権講座での上演や病院での上演も行う。
「子ども文化フェスティバル」にて、演劇ワークショップ講師を務める。以降、3年連続で務める。
2010(H22)年 学童保育所や中学校・老人ホームや地域文化祭など各地で上演。
『たろうべえはたんぽこたん』で初めて仮面劇に取り組む。
2009(H21)年 あらゆる人々を対象に、文化芸術の力でゆたかで公平な社会づくりを目指してNPO法人化。
特定非営利活動法人格取得に伴い、団体名称を「舞台アート工房・劇列車」へ改める。
「朝倉市〔杷木国際〕子ども芸術フェスティバル」に出演。以降、5年連続出演する。
2008(H20)年 平和を祈る市民のイベントとして、「頓田の森ぴーすキャンドルナイト」を提唱。第1回目を開催。以降、毎年開催する。
2007(H19)年 「カルキャッチくるめ演劇祭」と「くるめ演劇祭」、地域の演劇祭に出演。「くるめ演劇祭」へは、以降、3年連続出演する。
2006(H18)年 大刀洗空襲を描いた演劇作品『ぼくの町に戦争があった』を創作。NHK福岡ニュース番組の取材を受ける。
同脚本は名古屋文化振興賞戯曲部門コンクールの最終選考に残る。
2005(H17)年 福岡県西方沖地震発生。被災した子どもたちへ慰問公演。
「ぽんプラザホール火曜劇場」へ出演。
2004(H16)年 大刀洗空襲で亡くなった子どもたちを描いた絵本『シイの木はよみがえった(原作:飯田よしひこ)』を朗読劇化。
2003(H15)年 「劇列車」創立。(設立当時は「演劇工作室☆劇列車」。同年「演劇きゃらばん☆劇列車」へ改名)
2002(H14)年 『注文の多い料理店』を県内各地の小学校にて上演。同時に、劇遊びワークショップも行う。